ここから本文です

Lexar、24時間365日動作に好適な高耐久microSDカード

Impress Watch 9月21日(水)13時24分配信

 マイクロンジャパン株式会社は、Lexarブランドから、24時間365日動作の監視カメラ撮影などに向く高耐久・高信頼性のmicroSDカード「Lexar High-Endurance」シリーズを発表した。

 セキュリティカメラやドライブレコーダといった過酷な書き込みと消去サイクルに耐え得る製品で、32GBと64GBの2種類を用意。11月より国内で販売が開始され、価格はオープンプライス。税別店頭予想価格は32GBが2,500円前後、64GBは4,000円前後の見込み。

 UHS-I対応で、最大転送速度は40MB/s。64GBモデルであれば、フルHD動画を最長12,000時間記録できるとする。復元ソフト「Image Rescue」の無期限ライセンスが付属しており、削除または破損してしまったSDカードの復元を試みることができる。また、SDカードとしても利用できる「UHS-Iアダプタ」を同梱している。

 このほか、最大転送速度95MB/s(633倍速)のUHS-I対応高速microSDカード「Lexar High-Performance 633x」シリーズの256GBモデルも発表。こちらはUSB 3.0リーダを付属。ワールドワイドでまもなく販売予定で、価格は274.99ドル。国内での販売は未定。

PC Watch,中村 真司

最終更新:9月21日(水)14時45分

Impress Watch

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。