ここから本文です

J初制覇狙う川崎 「天皇杯も全力」その切実なワケ

東スポWeb 9/21(水) 16:45配信

 J1川崎が天皇杯3回戦のJ2千葉戦(22日)に是が非でも勝ちにいく。悲願のJリーグチャンピオンシップ(CS)制覇のために必要というのだが、この裏には切実な日程の問題がある。

 川崎は現在リーグ戦年間勝ち点1位につけており、仮にこのままの順位で終えれば、CSは決勝初戦(11月29日)からの登場となる。同23日のCS準決勝を勝ち上がってきた相手と比べると、同3日に行われるリーグ最終戦からの試合間隔が3週間以上も空くことになり、不利に働く可能性も否定できない。

 そんななか、千葉に勝って天皇杯4回戦に駒を進めれば、11月9日または12日に公式戦の真剣勝負を消化することができ、試合勘を保てる。FW大久保嘉人(34)は「俺は(間隔が空いても)大丈夫だけど、千葉戦は負けられないよね」と気合を入れる。日本代表MF大島僚太(23)も「やっぱり勝った方がいい。間隔が空くのは嫌なので」と語った。

 もちろん千葉戦の必勝を期すのは年間王者のためだけではなく、クラブ史上初の天皇杯制覇も視野に入れているからだ。ルヴァンカップはすでに敗退したが、残る2冠をかけて川崎が新たな歴史をつくるべくシーズン終盤の戦いに臨む。

最終更新:9/21(水) 16:45

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]