ここから本文です

バンコクの公園で大型トカゲ捕獲作戦、最大2メートルの大物も

ロイター 9月21日(水)13時21分配信

[バンコク 20日 ロイター] - バンコクのルンピニ公園で20日、水生の大型トカゲの一斉捕獲が行われた。魚類や植物を脅かすとともに、無防備な来園者を驚かす可能性があるためという。

これらのトカゲは体長2メートルの大きさにまで成長するものもある。バンコク市内では、通りを歩いたり運河から這い出してくるところにしばしば遭遇することで知られ、多くはルンピニ公園に生息している。

野生動物保護当局者は記者団に「人には害を与えないが、自然には有害で、花を踏みつぶすなどしてしまう。きょうは40匹の捕獲を目指している」と語った。

捕獲したトカゲは野生動物繁殖センターに移送してきちんと飼育すると市は説明しているが、専門家の1人は「飼育体制が整っておらず、3・4カ月後には間違いなく大半が死んでいるだろう」と懐疑的な見方を示した。

最終更新:9月21日(水)13時21分

ロイター