ここから本文です

おせち商戦、早くもスタート 少なめ1段ものに需要

朝日新聞デジタル 9月21日(水)12時55分配信

 大阪の百貨店で21日、早くもおせち料理の予約受け付けが始まった。今年、各店が力を入れるのは1人前や量が少なめの1段おせちだ。少人数の家庭が増えているうえ、「元日だけ食べられれば満足」という感覚も広がっているようだ。

【写真】特設コーナーには約70種類のおせち料理の見本が並び、買い物客が品定めをしていた=21日午前、大阪市北区の阪急うめだ本店、小林一茂撮影

 阪急百貨店うめだ本店は2万円台の「渾身(こんしん)の一人前おせち」と銘打って3種類を用意。京都や金沢の有名料亭が手がけ、アワビや車エビといった高級食材も入っている。1万円前後の1人前おせちも16種類と昨年から5種類増やした。「1人前をいくつか買うお客様もいます」(担当者)。

 高島屋大阪店は28日から受け付け。1~2人前の1段おせちだけで約130種類をそろえた。「食べて熊本を応援する」というテーマの1段おせち(税込み1万6200円)は、同県産の馬肉や真ダコ、あか牛などの食材を盛り込んだ。

 阪神百貨店、大丸梅田店・心斎橋店、近鉄百貨店も月末から来月初めにかけてそれぞれ受け付けを始める。(中村光)

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)12時55分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]