ここから本文です

<米大統領選>ブッシュ父、クリントン氏に投票意向

毎日新聞 9月21日(水)12時17分配信

 ◇民主の元州副知事がフェイスブックに投稿

 【ワシントン西田進一郎】米共和党のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(92)は11月の大統領選で民主党のヒラリー・クリントン候補(68)に投票する意向だと、米メディアが報じている。故ケネディ大統領のめいで民主党のタウンゼンド元メリーランド州副知事が19日、フェイスブックにブッシュ氏から伝えられたと投稿した。

 共和党の元大統領が民主党候補に投票すれば極めて異例だ。ブッシュ氏の広報担当者はツイッターで「確認中だ」とし、肯定も否定もしていない。

 タウンゼンド氏は「大統領はヒラリーに投票すると私に伝えてくれた!!」というコメントとともに、ブッシュ氏と握手をしている写真を投稿した。

 ブッシュ氏は共和党候補指名争いで次男のジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(63)が撤退した後、発言を控えている。ジェブ氏は、ドナルド・トランプ候補(70)もクリントン氏も支持しない意向を示している。

最終更新:9月21日(水)13時11分

毎日新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。