ここから本文です

マツダ体感イベント、富士スピードウェイで開催 9月25日

レスポンス 9月21日(水)18時49分配信

富士スピードウェイでは、9月25日に、マツダの体感イベント「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」が開催される。

マツダは、クルマづくりへのこだわりや作り手と直接触れ合える体験イベント「Be a driver. Experience」を各地で展開。今回は、首都圏近郊での開催地として、富士スピードウェイを選び、「Be a driver.Experience at FUJI SPEEDWAY」として開催する。

レーシングコースでは、モータースポーツコンテンツとして、1991年ル・マン24時間レースで優勝した「マツダ 787B」をはじめ、「サバンナRX-3」など、歴代レーシングカーによるデモランを実施。また、併催レースとして、「富士チャンピオンレース特別戦 ロードスター・デミオレース」と、新型ロードスターによるワンメイクレース「ロードスター・パーティーレースIII」を行う。

さらに、プロドライバーが運転する車両に乗り、サーキット走行を体感できる「同乗体験」、マツダ最新車両に試乗できる「人馬一体体感試乗」を実施。ピットガレージでは、レーシングゲームから生まれたレーシングカー「マツダ LM55 ビジョングランツーリスモ」や、マツダプロトタイプカーの展示に加え、スーパー耐久シリーズに参戦中のレーシングチームクルーによるピットワークパフォーマンスなど、サーキットならではのイベントを多数用意する。

一方、ピットビルディングでは、マツダデザインの世界を鑑賞する「This is Mazda Design」や、技術やモノ造りへのこだわりをパーツと併せて紹介するコーナーを設置。マツダ生産スタッフが旧工場を知育玩具(ブロック)で再現した「工場模型」、知られざるマツダの歴史やコスモスポーツレストア車の展示、1970~90年代のレース写真約60点を集めた「マツダと富士スピードウェイ写真展」、マツダの開発リーダー等が登壇するトークセッションを開催。そのほか、ヴァイオリン奏者 古澤巌氏によるコンサート、「女性向けハーブサロン」、子ども向けの「整備、塗装職業体験」も実施する。

前売チケットは全国のローソンで1800円にて販売中、当日券は2000円。駐車券(当日販売)は1000円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月21日(水)18時49分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。