ここから本文です

千鳥のコンビ芸炸裂、エビとシューマイは「さまぁ~ずと太ジーパンくらい合う」

お笑いナタリー 9月21日(水)14時39分配信

本日9月21日、東京・ヨシモト∞ホールにて「味の素冷凍食品『つづきは売り場で!キャンペーン』記者発表会」と題したPRイベントが開催され、千鳥、NON STYLE、ブラックマヨネーズ、パンクブーブー、おかずクラブが出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このキャンペーンでは「よしもと“冷活”大好き芸人」としてノンスタがギョーザ、千鳥がシューマイ、おかずクラブがから揚げ、パンクブーブーがチャーハン、ブラマヨがハンバーグの味の素冷凍食品を担当。それぞれが商品パッケージを飾る。彼らは担当する各商品の工場に潜入し、おいしさの秘密に迫るロケにも参加。このロケ動画は対象商品のパッケージに印字されているQRコードを読み込むと視聴できる。さらにキャンペーンの一環で合計2900組を全国6カ所で行うよしもとスペシャルライブに招待する施策も。詳しくは10月1日(土)にオープンする特設サイトで確認を。

イベントでは30秒間のアピールバトルが繰り広げられ、「ほんまにパリッと仕上がってて、うちの兄貴が働いてるギョーザ屋より全然うまい!」(石田)、「口の中にうまみが広がってるので、お客様にもキスで伝えたい」(井上)などと伝えて会場を盛り上げたノンスタが優勝した。

千鳥はイベント中、「エビとシューマイが一番合う」「(シューマイ工場は)一番清潔感があった」など、「一番」という表現を多用。相方の「どのくらい?」という問いかけに応じる形で「さまぁ~ずさんと太ジーパンくらい合う。チノじゃダメ」「武田鉄矢さんと芝生の土手くらい合う」「チャン・ツィイーくらい清潔感がある」といった独特な例えの数々で笑いを誘った。おかずクラブ・ゆいPは自身が鶏のから揚げに、オカリナが芋の煮っころがしに似ているという理由でコンビ名を付けたと明かし、オカリナは「口の中を傷つける食べ物が苦手だけど、このから揚げは鋭利じゃない」と強調。ブラマヨ吉田が「世の中のウシは全部このハンバーグになればいい」とブラックな笑いを交えて感想を語り、小杉に「ウシの話するなよ!」とツッコまれる場面もあった。

またロケ動画のダイジェストを上映した際には、パンクブーブーが「ロケというよりドラマみたいな撮り方だった」と回想。「僕らのディレクターさんだけコントへの情熱がすごい方だった」といい、衣装に凝ったり、さまざまなアングルから何度も同じシーンを撮り直したりと、こだわりの映像に仕上がっていると述べた。各コンビがどんなロケを展開しているのかチェックしてみよう。ロケ動画の視聴期間は10月1日から11月30日(水)まで。

最終更新:9月21日(水)16時6分

お笑いナタリー