ここから本文です

大ヒット「君の名は。」偽グッズ登場に公式が注意喚起

東スポWeb 9月21日(水)17時6分配信

 大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)は、8月26日の公開から4週間(19日)の時点で興行収入が91億円を突破、100億円の大台到達が目前となった。また、公開前の6月から販売されている「小説 君の名は。」(角川文庫)も100万部を突破するなど、関連書籍、グッズ、RADWIMPSが担当した主題歌のCDなどもバカ売れだ。

 ところが、このブームに便乗した偽グッズが登場し、怪しい物品がネットオークションで取引される事態となっている。

 これを受けて「新海誠作品PRスタッフ」のアカウントが20日、ツイッターで注意を喚起した。

「『君の名は。』の人気を受け、たいへん残念なことに便乗した偽物のサインや、公式からの許諾を得ていない違法グッズなども出回ってきているようです。

皆様、どうか騙されませんようご注意下さい。」

 さらに、新海監督のツイッターにユーザーから、「監督!これは本物ですか?」とネットオークション上に出品された新海監督のサイン色紙(イラスト付き)の画像が送られ、監督は「いいえ、偽物です。」ときっぱり否定している。

 この色紙はその後、オークションから姿を消したようだが、現在もサイン本などが高額で取引されている。入札時には注意が必要だ。

最終更新:9月21日(水)17時15分

東スポWeb