ここから本文です

卓球団体・吉村選手が茨城知事表敬 「銀の上は金、東京では当然狙う」

産経新聞 9月21日(水)7時55分配信

 リオデジャネイロ五輪の卓球男子団体で銀メダルを獲得した東海村出身の吉村真晴(まはる)選手(23)=名古屋ダイハツ=が20日、県庁に橋本昌知事を表敬訪問し、五輪での活躍を報告した。吉村選手は準々決勝、準決勝のダブルスで香港、ドイツのペアを破るなど躍進の原動力となった。

 銀メダルを胸にした吉村選手は「ブラジルは日系の人も多く、会場はすごく盛り上がっていた」と現地の雰囲気を説明。橋本知事から「東京五輪では金メダルを目指してほしい」と声をかけられると、「銀の上は金しかない。当然狙っていきます」と力強く応えた。同席した山口やちゑ副知事は「その前の茨城国体でもぜひ活躍してほしい」とエールを送っていた。

 吉村選手は東海村立白方小を卒業後、山口県の中学と高校を経て愛知工業大に進学した。現在は県スポーツ専門員も務めている。

最終更新:9月21日(水)7時55分

産経新聞