ここから本文です

【プロバスケ】Bリーグ開幕カード「エリートVS雑草」早くも火花

東スポWeb 9月21日(水)17時48分配信

 男子バスケットボールでNBLとbjリーグの2つに分裂していたリーグが統合したプロバスケット「Bリーグ」が22日開幕する。

 東京・代々木第一体育館での開幕カードは昨季のNBL王者「アルバルク東京」と、bjリーグ覇者「琉球ゴールデンキングス」の対戦。21日には両チームが揃っての前日会見と公開練習が行われた。

 一部ではエリートと雑草の対決、の呼ばれ方もしていることについて琉球の金城茂之(31)が「そういう分け方は、どうでもいい」と流したのに対してA東京の田中大貴(25)は「エリートが雑草に負けるわけにはいかない」と対決ムードをあおる発言をする一幕も。

 Bリーグの大河正明チェアマン(58)は「開幕戦をこのカードにして良かった、といえるような試合をしてほしい」と話したが、早くも期待通りにヒートアップしている。

 リーグが分裂していた時代には国際バスケットボール連盟から、全ての国際大会出場を禁止する処分が下された。

 その危機的状況下で日本バスケットボール協会会長に就任し、処分の解除のみならずリーグ統合とBリーグ誕生にも尽力した日本協会の川淵三郎エグゼクティブアドバイザー(79)はこの日「いかにスタートで勢いをつけられるか。(22日の)開幕戦の視聴率は10%。欲を言えば15%いってほしい」と語った。

 Jリーグが開幕した1993年5月15日には、初代チェアマンとして「ここに開幕を宣言します」のスピーチが有名。だが22日の開幕セレモニーについては「何も(中身を)聞いてない。僕にインパクトを与えられないと、ファンにはインパクトを与えることはできないからね」と言いながらも、当日を楽しみにしている様子だった。

最終更新:9月21日(水)18時30分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。