ここから本文です

ジェットブラック・防水・「4G」――ついにランキングを“独占”したiPhone

ITmedia Mobile 9月21日(水)17時56分配信

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2016年9月12日~2016年9月18日

【ドコモSIMを入れたiPhone 7もあの表示】


1. 質感は? 指紋は目立つ?――iPhone 7の「ジェットブラック」を写真でチェック
2. 本当に大丈夫? 「iPhone 7」を水没させてみた
3. さよなら「LTE」、こんにちは「4G」
4. 「iPhone 7」で6/6sのケースは使えるのか? 実機で検証
5. 今注目すべきは「iPhone 7/7 Plus」じゃない“あの端末”
6. iPhone 7はお風呂で使えるの? 防水・防塵「IP67」の意味を解説
7. 「iPhone 7」はホームボタンも地味に進化した
8. 「iPhone 7と7 Plusはどちらを買うべきか」に結論を出す
9. iPhone 7を見て「あまりスマートじゃないな」と思った点
10. 「iOS 10」配信開始――メッセージ、Siri、マップなど変更点多数

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、9月12日から9月18日までのアクセスランキングを集計しました。

 9月16日に「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」が発売されたこともあってか、今回のランキングはついに全てiPhone(iOS)関連の記事となりました。

 1位の「質感は? 指紋は目立つ?――iPhone 7の『ジェットブラック』を写真でチェック」は、iPhone 7/7 Plusの128GB・256GBモデル限定色「ジェットブラック」の外観レビュー記事でした。他の色と比べて品薄度の高いジェットブラックですが、公式Webサイトにケース装着を推奨する注意が書かれていることもあり、外観に関して気になる人も多いようです。

 2位にはiPhone 7の防水性を確認したレビュー記事「本当に大丈夫? 「iPhone 7」を水没させてみた」、6位にはiPhone 7/7 Plusの防水・防塵(じん)性能の解説記事「iPhone 7はお風呂で使えるの? 防水・防塵『IP67』の意味を解説」がランクインしました。

 iPhone 7/7 Plusが準拠しているIP67等級は、ボディー内にホコリが入り込まない防塵(じん)性と、深さ1mの常温の水道水に30分間沈めた後でも水が内部に侵入しない防水性を備えることを示しています。iPhoneの弱点の1つであるといわれていた防塵・防水性能を備えたことで、より安心して使えるようになりました。

 ただし、Androidスマートフォンには、より厳しい条件下でも防水性能を維持できる「IP68等級」に準拠している機種もあります。来年(2017年)の今頃に出るであろう次世代iPhoneはより高い防水性能を備えるのか――気が早すぎますが注目したいところです。

 3位には、iOS 10を適用したiPhoneで、NTTドコモ(MVNO含む)のSIMカードを入れた際の変化を記したコラム「さよなら『LTE』、こんにちは『4G』 」が入りました。

 NTTドコモは、LTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」で初めて“4G”を名乗るサービスを始めましたが、PREMIUM 4G対応スマホのアンテナピクトは、「Nexus 5X」を除いて「LTE」のままでした。それが、iOS 10へのバージョンアップを機にiPhone(やiPad)では「4G」表示に改められました。

 LTE(Long Term Evolution)の生みの親の1社であるドコモが、「LTE」を「4G」に改めたことは、地味ではありますが実は大きなニュースだったのです。

 上記コラムのまとめにも書きましたが、今後登場するであろうドコモの新しいAndroid端末のアンテナピクトが「LTE」のままになるのか、それとも「4G」に変わるのか、目が離せません。

最終更新:9月22日(木)9時43分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]