ここから本文です

「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作、2017年7月から日本公開 副題「最後の海賊」の意味するところは?

ねとらぼ 9/21(水) 18:27配信

 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」が、2017年7月1日から日本で公開されます(全米公開は同年5月26日から)。

【その他の画像】

 「Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales」の洋題で発表されていたシリーズ最新作。ストーリーはまったく明かされておらず、意味ありげな副題「最後の海賊」の主旨が気になるところです。

 主人公ジャック・スパロウ役のジョニー・デップと、ヘクター・バルボッサ役のジェフリー・ラッシュの、主要キャストは健在。前作「生命の泉」には登場しなかったウィル・ターナーも、再びオーランド・ブルームが演じます。

 新キャラクターに、全海賊の滅亡を謀る“海の死神”サラザールが登場。「ノーカントリー」や「007 スカイフォール」で悪役として名を馳せたハビエル・バルデムが演じます。ほかにも、「マレフィセント」のブレントン・スウェイツや、「メイズ・ランナー」のカヤ・スコデラーリオなど、近年注目を集める俳優がキャスティングされています。

最終更新:9/21(水) 18:27

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]