ここから本文です

車掌が高架から飛び降り ホームで対応中に制服脱ぎ捨て

朝日新聞デジタル 9月21日(水)15時8分配信

 21日午前11時すぎ、大阪府東大阪市の近鉄奈良線東花園駅の高架線路から人が飛び降りた、と同駅員から119番通報があった。近鉄によると、飛び降りたのは車掌の男性(26)で、高架線路の柵から約7メートル下の駅敷地内に転落。病院に運ばれ、腰などの骨を折って重傷という。

 近鉄によると、車掌は午前10時半ごろに東大阪市内の同線河内小阪駅構内で発生した人身死亡事故について、東花園駅のホーム上で利用客に対応。その際、制服の上着や帽子を突然脱ぎ捨てて線路に入り、ホームの端付近で高架から飛び降りたという。近鉄は取材に「お客様対応中の車掌が不適切な行動を引き起こしたことは大変遺憾」としている。

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)17時29分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。