ここから本文です

9割の高校生が個人情報掲載リスクを認識も、8割が掲載経験あり、通話アプリがホーム画面にない高校生が2割強、MMD調査

Impress Watch 9月21日(水)14時52分配信

 MMD研究所とインテルセキュリティは、921人の高校生を対象として8月26日~31日に実施した「高校生のスマートフォン利用実態調査」と、102人の高校生を対象とした「高校生のスマートフォンホーム画面分析調査」の調査結果を発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 携帯電話端末は96.8%、うちスマートフォンは93.0%が保有しており、2014年調査との比較では13.5ポイント増えている。中でもiPhoneは73.3%と高く、Androidの18.2%とは大きな差がついた。格安スマホの利用者は7.3%だった。

 スマートフォンでは、「LINE(92.1%)」「検索(88.8%)」「音楽を聴く(77.7%)」などに使っている高校生が多いが、「勉強で活用(38.5%)」している高校生も一定の割合で存在している。「勉強で分からないところをインターネットで調べる(85.6%)」など、90.0%の高校生がスマートフォンを勉強に使ったことがあるとの結果となった。

 校則については、「授業中の使用禁止(61.6%)」「構内での使用禁止(37.4%)」「学校への持ち込み禁止(12.6%)」など、スマートフォン・携帯電話に関する校則が「ある(85.6%)」場合が大半だ。「LINEの禁止」「SNSへの校内画像アップ禁止」など、SNSに関する校則も一部高校で存在している。

 SNSやインターネットにおける個人情報の取り扱いについては、「SNS上への個人情報掲載にはリスクがある」に、「そう思う」「ややそう思う」と回答した高校生は合わせて89.3%だった一方で、「自分の写真や動画(59.3%)」や「自分のニックネーム(56.6%)」「友達や恋人の写真や動画(41.1%)」など、8割の高校生が、SNSや掲示板へ個人情報を掲載した経験があった。SNSを利用する高校生の公開設定については、「友達や知人のみ公開(41.5%)」「全員(38.2%)」と拮抗していた。

 スマートフォン利用におけるトラブルについては、「迷惑メールの受信(59.5%)」「わいせつなバナー広告(53.3%)」「SNSやLINEでの知らない人からの友達申請(30.8%)」が多かった。金銭に関係する内容では、「ワンクリック詐欺画面の出現(13.4%)」や「有料サイトからの架空請求(5.5%)」などがあり、請求額平均は15万3975円だった。SNS関連では、「望まない写真や個人情報の掲載(11.1%)」「誹謗中傷(9.6%)」「ネットで知り合った人と直接会う(8.5%」「写真や個人情報送信の強制(5.1%)」などが挙げられる。

 102人の高校生にスマートフォンのホーム画面のキャプチャを送信してもらい、分析を行った結果では、多かったのは「カメラ系(81人)」「LINE(72人)」「音楽(67人)」で、ドックに置かれたアプリは、「LINE(40人)」「カメラ(31人)」「音楽(22人)」の順だった。

 SNSアプリをホーム画面の1枚目に置いているのは51人で、「Twitter(47人)」「Instagram(12人)」「Facebook(9人)」の順。23人が通話アプリをホーム画面に置いておらず、8人がフォルダー内に置いていた。また、電池節約アプリは8人が設置、セキュリティアプリはAndroid端末保有者62人中22人が利用が確認できた
していた。

INTERNET Watch,岩崎 宰守

最終更新:9月21日(水)14時52分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]