ここから本文です

中国の化学薬品関連事故、死亡者は年初来で199人=グリーンピース

ロイター 9月21日(水)14時59分配信

[上海 21日 ロイター] - 環境保護団体グリーンピースによると、中国で今年発生した化学薬品関連の事故は8月までに232件に上った。死者は199人、負傷者は400人を数えたという。

グリーンピースは、同国の化学産業の管理は「規制があきれるほど不十分」であるとし、「根本的な見直し」が必要だと主張。「政府は化学薬品を徹底した方法で管理し、労働者や市民にセーフティーネットを供給すべきだ」と述べた。

2010―11年の公表データによると、国内3万3625カ所の化学物質を扱う施設は大半が東海岸の人口密集地域に位置しているという。グリーンピースは、化学産業の正確な実態を示すために透明性の向上も必要だとしている。

最終更新:9月21日(水)14時59分

ロイター