ここから本文です

地下水位、一時地表上に=東電「流出可能性低い」―福島第1

時事通信 9月21日(水)11時40分配信

 東京電力は21日、福島第1原発の護岸近くで台風16号の降雨により地下水位が上昇し、観測用の井戸で一時地表の高さを超えたと発表した。

 21日午前7時前に地表から約5センチの高さにまで上昇した。東電によると、観測用の井戸には数十センチの壁があり、周囲の地面は舗装されているため、放射性物質で汚染された地下水が地上に流出した可能性は低いという。 

最終更新:9月21日(水)12時43分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。