ここから本文です

来季から降格クラブに救済金 経営悪化を防ぐ狙い…J理事会

スポニチアネックス 9月21日(水)7時32分配信

 Jリーグは20日、都内で理事会を開き、来季から“パラシュートペイメント”を導入する方針を固めた。

 下部リーグに降格するクラブに対する救済金で、経営悪化を防ぐ狙いがある。来季から英パフォーム・グループと10年総額2100億円の放映権契約を締結。村井チェアマンは「J1がどう変わるかにプライオリティーを置く。J1に厚く配分することはJ2、J3からも同意をいただいた」と分配金に言及し「降格クラブに対する救済金の議論も必要。何年間か、いくらかは決まっていない」と語った。

 パラシュートペイメントは年間約3210億円の放映権収入のあるプレミアリーグなどで導入されている制度。降格クラブは分配金の減少で高年俸選手を抱えられなくなるなど一気に弱体化する危険性があるため、リーグが救済金を出す。現在Jリーグに救済金制度はないが、12年に町田がJ2最下位となりJFL降格が決まった際に特例で5000万円が支払われたことがある。

最終更新:9月21日(水)7時32分

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]