ここから本文です

V6長野博が審査員、フジで“最旬グルメ決定戦”宮澤アナ「心奪われた」

スポニチアネックス 9月21日(水)7時32分配信

 ジャニーズ事務所きっての食通、「V6」の長野博(43)が審査員を務め“最旬グルメNO.1”を決めるフジテレビ「格付けニッポン!2016秋の最旬グルメNO.1決定戦」(金曜後7・00)が23日に放送される。

 人気タレントが地元エリアで、自慢の最旬グルメを紹介。絶品料理の中から最もおいしい食べ物を選ぶ。高級魚「のどぐろ」を使った金沢の絶品料理や、淡路島でしか食べられない幻のウニしゃぶ、博多の新名物で味が変わる絶品とりまぶし、東京で話題の牛肉ケーキなど、合計30品。あまり知られていなかった、この秋注目の料理が続々登場する。

 視聴者の注目を集めた3月放送の前回に続き、審査員を務めるのはV6の長野と「すし、うなぎ、てんぷら」という著書まで出版する“食通”審査委員長・林修氏(51)。この2人に加えて、女優の羽田美智子(47)、タレントでフードファイターのギャル曽根(30)、モデルの石川恋(23)と芸能界きっての食通3人が務める。

 一人100点満点で採点。5人の合計500点満点中、最も高い得点を獲得したグルメが最旬グルメNo.1の称号を獲得する。

 MCは前回に続き、お笑いコンビの「タカアンドトシ」が担当。進行役の宮澤智アナウンサー(26)は「日本にはまだまだこんなにおいしいグルメがあったんだ! という驚きがたくさんあった収録でした」と振り返り、「今回のテーマは、いま最も旬なグルメということで、食材から組み合わせ、調理法に至るまで、見たら心を奪われて絶対食べたくなるようなメニューばかりでした。私も、VTRを見ては“あぁ食べたい”、スタジオで審査員の方々が食べている姿を見ては“あぁ、なんて美味しそうなんだ”の連続でした!プレゼンターのみなさんの個性あふれるプレゼンも本当に面白く、とにかく必見です!ぜひメモのご準備をしてご覧ください!」と番組をアピールした。

最終更新:9月21日(水)7時33分

スポニチアネックス