ここから本文です

ドル102円半ばで上値重い、FOMC前に様子見

ロイター 9月21日(水)15時35分配信

[東京 21日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の102.55/57円だった。日銀の金融政策決定会合の結果発表を受けてドル高/円安の流れが強まったが、上昇が一服すると、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見ムードが強まった。

日銀会合の結果発表を受けてドル/円は、いったん101.00円に下落した。イールドカーブを立てる方策などが盛り込まれたが、為替の初期反応としては、追加緩和との受け止めは強まらなかったとみられている。

ただ、先行きの緩和への前向きな姿勢が示されたとの受け止めも出て、いったん下落した後は切り返し、一時102.79円に上昇した。

日銀は、金融市場調節目標をこれまでのマネタリーベースから利回り曲線(イールドカーブ)に変更する金融政策の枠組みの大幅な修正を決定した。短期金利の操作対象となるマイナス金利幅は現行の0.1%を今回は維持する一方、新たに長期金利(10年国債金利)がゼロ%程度で推移するよう、長期国債の買い入れを行う。長期国債の買い入れは、保有額が年間80兆円程度増加する現行ペースをめどとする、とした。

ドル/円は、午後3時にかけて102円半ばから後半を軸にしたもみ合いが続き、やや上値が重くなった。きょうはFOMCの結果発表を控えており、「相場がひっくり返されるリスクも残る。安易な上値追いはしにくい」(国内金融機関)との声が出ていた。

午前のドル/円は、日銀会合の結果を待つムードが強まり、101円後半を軸にしたもみ合いとなった。日銀の金融政策決定会合の結果発表を目前に、ドルは短期筋による仕掛け的な売りを受け、一時101.20円まで下落したが、間もなく切り返して101円後半に反発した。

財務省が朝方に発表した8月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は187億円の赤字となった。3カ月ぶりの赤字。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 102.55/57 1.1132/36 114.17/21

午前9時現在 101.60/62 1.1151/55 113.30/34

NY午後5時 101.71/73 1.1149/54 113.39/43

最終更新:9月21日(水)15時40分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]