ここから本文です

Tesla車に“乗っ取り操作”の脆弱性、走行中にブレーキも セキュリティ研究チームが実証

ITmedia エンタープライズ 9/21(水) 19:23配信

 中国Tencentのセキュリティ研究チームは9月19日、米Tesla Motorsの車を遠隔操作できてしまう脆弱性を発見したと発表した。離れた場所からコンピュータを操作して、走行中の車を停車させたりする実証ビデオも公開している。

【画像】遠隔操作で走っている自動車のブレーキをかけて停車させる様子

 同社の研究チームKeen Security Labのブログによると、実証実験は最新のファームウェアを適用したTeslaの「Model S」で実施。複数の脆弱性を突いて、車の制御に使われるコンピュータシステムの「CAN Bus」をハッキングした。

 実証ビデオには、駐車中の車を離れた場所から遠隔操作してサンルーフを開いたり、ステアリングランプを点灯させたり、座席を動かしたりする様子が映っている。

 さらに走行中の車でもワイパーを操作したりトランクを開いたりできることを実証し、約20キロ離れた距離からブレーキをかけて車を停車させることにも成功した。

 研究チームはこの実験に使った脆弱性に関する詳しい情報をTeslaに報告し、同社も脆弱性を確認したという。

 Teslaはファームウェアの更新版を公開してこの問題に対処したと伝えられている。

 実験ではModel Sの複数の車種で脆弱性の存在を確認したが、他のモデルも影響を受ける可能性があると研究チームは解説し、「問題を修正して運転上の潜在的な危険を避けるため、ファームウェアを最新版に更新してほしい」と呼び掛けている。

最終更新:9/21(水) 19:23

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。