ここから本文です

<ANA>ファーストクラスの味を家庭で おせちなど販売

毎日新聞 9月21日(水)18時0分配信

 全日本空輸(ANA)グループの機内食を手がけているANAケータリング(東京都大田区)は21日、「機内食で培ったノウハウを生かす」として、新事業「ANAのおいしいコレクション」をスタートすると発表した。第1弾として10月から「謹製おせち三段重」の予約と「おいしいスープセット」の販売を始める。開発を担当したシェフの久保正信さんは「ファーストクラスの味を正月から楽しんでほしい」と自信を示している。

【写真特集】よだれが出そう…「謹製おせち三段重」

 「謹製おせち三段重」は、多彩な料理を織り交ぜた華やかさが特徴で、小鯛(こだい)ひしお焼きやアワビの柔らか煮など魚介料理、ローストビーフなど肉料理をバランスよく詰め合わせている。久保さんは「機内食は通常、地上より味を強めにするが、おせちは保存食の意味合いもあって味は濃いめということもあり、同じ味付けにした」と話す。

 「おいしいスープセット」は、ANAグループの機内やラウンジなどで提供するスープを作るフリーズドライ技術を使って作られたもので▽スーラータンスープ▽境港産ベニズワイガニ入りトマトクリームスープ▽ハナビラタケの三重奏スープ--の3種類を、国産杉の間伐材を使ったコースター入りのセットで販売する。

 販売は「謹製おせち三段重」が2万3500円で10月1日から、「おいしいスープセット」が9個入り5400円、20個入り10800円で10月下旬から、「ANAショッピング A-style」のウェブサイトで販売する。【米田堅持】

最終更新:9月21日(水)18時6分

毎日新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]