ここから本文です

中島敦と太宰治がバス・地下鉄の制服を着用「文スト」スタンプラリー第3弾

コミックナタリー 9月21日(水)17時45分配信

朝霧カフカ・春河35原作によるテレビアニメ「文豪ストレイドッグス」のスタンプラリーが、10月1日から31日にかけて神奈川県・横浜で開催されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今春にも実施され好評を博した「文豪ストレイドッグス スタンプラリー in YOKOHAMA」。第3弾となる今回は、中島敦と太宰治が横浜市営バス・地下鉄の制服を着た描き下ろしイラストが用意された。このイラストは横浜市内8カ所に設置されたスタンプをコンプリートした人にプレゼントされるオリジナル缶バッジと、期間中に販売されるバス・地下鉄の1日乗車券に使用される。

なおラリーポイントになっている一部施設では、作品とのコラボ企画も展開。横浜人形の家では「文豪ストレイドックス」キャラのねんどろいどが製作される過程などを紹介する。神奈川近代文学館では常設展「神奈川の風光と文学」に入場した先着2000名にオリジナルポストカードをプレゼントし、市営地下鉄桜木町駅ではホーム階に大型の特製イラストを掲出。詳細は各施設にて確認を。

文豪ストレイドッグス スタンプラリー in YOKOHAMA
2016年10月1日(土)~10月31日(月)

ラリーポイント&設置キャラ
横浜マリンタワー(中原中也)
三溪園(芥川龍之介)
横浜人形の家(国木田独歩)
神奈川近代文学館(中島敦)
市営地下鉄 横浜駅(江戸川乱歩)
市営地下鉄 桜木町駅(宮沢賢治)
赤レンガ倉庫(太宰治)
よこはまコスモワールド(泉鏡花)

(c)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
(c)2016 朝霧カフカ・春河35 発行:株式会社KADOKAWA

最終更新:9月21日(水)17時45分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。