ここから本文です

序ノ口10枚目・宇瑠虎、寄り切りで1年ぶりの勝ち越し「うれしいです」

スポーツ報知 9月21日(水)10時21分配信

◆大相撲秋場所11日目(21日・両国国技館)

 大相撲秋場所11日目は21日、東京・両国国技館で行われ、西序ノ口10枚目・宇瑠虎(式秀)が西7枚目・朝達家(高砂)を寄り倒しで破り4勝2敗。昨年の名古屋場所以来、約1年ぶりの勝ち越しを決めた。立ち合いで朝達家の懐に入り、得意のもろ差しからそのまま体を預けた。「うれしいです。最近は体重が増えた(それでも67キロ)ので簡単に押されることがなくなりました」と笑顔。27歳で式秀部屋ではリーダー格。背中で若い力士を引っ張っている。

 序ノ口注目の一番、東21枚目・沢ノ富士(伊勢ヶ浜)と西29枚目・服部桜(式秀)の対戦は沢ノ富士に軍配が上がった。これで両者の対戦成績は沢ノ富士の2勝1敗。ちなみに沢ノ富士はデビュー3場所目で初めての2勝で通算成績は3勝17敗。服部桜は今場所、6連敗で通算成績は1勝39敗1休。「負けた時は組んでしまい土俵際で体を入れ替えられました。だから今回は押し出そうと思っていました」。沢ノ富士の笑顔も満開だった。

最終更新:9月21日(水)10時21分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]