ここから本文です

あの手この手 観客増へ敵同士も手を組む/連載

日刊スポーツ 9月21日(水)11時11分配信

<Bリーグ22日開幕:バスケが変わる>(中)

 Bリーグ開幕1週間前の会見で、イケメン選手たちが、生着替えをし、ファッションショーを行った。ガイド本は男性ファッション誌「メンズノンノ」とコラボ。スマートフォン、タブレット向けの「スポナビライブ」では全試合生中継される。開幕戦のコートは世界初の全面LEDで、得点者の顔が浮かび上がる。新プロリーグを盛り上げるため、あの手この手の仕掛けが続く。

【写真】千葉ジェッツふなばし 地域密着10万人集客/連載

 仕掛け人の1人がBリーグ事務局長の葦原一正氏(39)。外資系コンサルティング会社を経て12年からプロ野球DeNAの社長室長に就任。観客動員大幅増の基礎をつくった。昨年7月から現職。「人気も実力も低迷していたDeNAと同様、近年混乱したバスケット界も、マイナスからのスタート。逆にいえば上がるしかない」。「前例を笑え」「常識を壊せ」「限界を超えろ」を合言葉に大胆な策を打つ。

 既存の概念にはとらわれないものの、飛び道具だけで勝負するつもりはない。葦原氏は「プロリーグを成立させるには入場者数がすべて」と断言。各クラブへの配分金は勝敗によって変動する例が多いが、Bリーグは観客動員数に応じて払われる。入場者数を増やすため、リーグはスマホで席を選べ、入場するシステムを開発。入場者数を含めた情報は各クラブで共有させる。「コート内では敵同士も、ビジネスに関しては手を組む。競合するのは野球、サッカー、他のエンターテインメントになる」と続けた。

 選手研修会で葦原氏は「少しでもゆるいプレーをしたら支援者は引く。1秒でも気を抜かないように」と選手に奮起を促した。リーグはソフトバンクと4年125億円の大型契約を結んだ。葦原氏ら各分野の頭脳が集結し、運営面は整いつつある。あとはコート内で、選手たちがいかに魅了するかにかかっている。【田口潤】

最終更新:9月21日(水)16時5分

日刊スポーツ