ここから本文です

民進、新執行部が発足=常任顧問に岡田前代表

時事通信 9月21日(水)13時25分配信

 民進党は21日午後、党本部で開いた両院議員総会で主要幹部人事を決定し、新執行部を発足させた。

 岡田克也前代表が常任顧問に就任。政調会長に大串博志政調会長代理、国対委員長に山井和則国対委員長代理を充てた。これを受け蓮舫代表は、26日召集の臨時国会や10月の衆院補欠選挙に向けた準備を急ぐ。

 憲法、沖縄問題担当の常任幹事として枝野幸男前幹事長を起用。代表代行は江田憲司氏を留任させたほか、新たに安住淳元財務相、細野豪志元環境相を登用した。副代表には長浜博行元環境相ら3人を就けた。

 野田佳彦前首相を幹事長とする人事は16日に了承済み。ただ、党内で「政権転落のA級戦犯」(中堅)とされる野田氏を起用した蓮舫氏の判断に不満の声が上がったため、執行部人事全体の決定は先延ばしになっていた。 

最終更新:9月21日(水)17時7分

時事通信