ここから本文です

フランスは来年、財政赤字削減を達成すべき=モスコビシ欧州委員

ロイター 9月21日(水)17時52分配信

[パリ 21日 ロイター] - 欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務担当)は21日、フランスの財政赤字について、2017年の大統領選の結果にかかわらず、同年の財政目標を守るべきだとの考えを示した。

フィガロ紙のインタビューに答えた。

欧州連合(EU)は加盟国に対し、財政赤字の比率を国内総生産(GDP)比で3%未満に抑えることを定めているが、フランスはすでに数回、目標の達成期限を延期。大統領選の有力候補者らは、来年もこの目標が達成できないとの見通しを示している。

モスコビシ委員は「政権に就くのが右派になろうが左派になろうが、フランスは3%の上限を尊重すべきだ」と言明。「期限がこれ以上延びることはないし、違反も例外も認められない」と述べた。

最終更新:9月21日(水)17時52分

ロイター