ここから本文です

元SEALDsメンバーら、ヘリパッド建設反対の会設立

朝日新聞デジタル 9月21日(水)19時1分配信

 米軍北部訓練場(沖縄県東村〈ひがしそん〉など)のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事をめぐり、県内外の若者らが21日、工事の中止を求める団体「ヘリパッド建設に反対する若者有志の会」を設立し、東京都内で記者会見を開いた。インターネット上で反対理由などを発信するという。

 先月解散した学生団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーら約40人が設立。ヘリパッド建設予定地の進入口近くでは7月から、工事を阻止しようとする反対派と警察の機動隊員の対立が続き、有志の会メンバーも現地で抗議に参加してきた。会は今後、ホームページや街頭演説などで現地の状況も紹介していく。

 シールズ関西の元メンバーで、設立を呼びかけた京都造形芸術大の大学院生早瀬道生さん(24)=京都市=は会見で、「世論を喚起し、本土に住む僕たちの関心が高江に向くようにがんばりたい」と話した。シールズ東海の元メンバーでアルバイトの岡歩美さん(25)=津市=も「沖縄のみの問題でない、日本全国の問題である」との声明を読み上げた。

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)10時14分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。