ここから本文です

<毎日書道展>九州展始まる 大分で初開催

毎日新聞 9月21日(水)18時28分配信

 第68回毎日書道展九州展(毎日新聞社、毎日書道会主催)が21日、大分市寿町の大分県立美術館で開幕した。26日まで。同展が大分で開催されるのは初めて。開会式で来賓の柳碧蘚(へきせん)・毎日書道会理事(68)は「古典に立脚しつつ先鋭的な現代書が多いのが、毎日展の特徴。自分の心に合う書を一つでも多く見つけてほしい」とあいさつ。その後、同会の永守蒼穹(そうきゅう)理事(65)が展示作品を解説した。

 九州展は例年、福岡市美術館で行われていたが、同館の改修工事のため2018年までの3年間、大分で開催する。会期中は午前11時と午後2時から、毎日書道展審査会員による作品解説がある(事前申し込み不要)。入場料500円、大学生以下無料。【安部志帆子】

最終更新:9月21日(水)18時28分

毎日新聞