ここから本文です

【神戸新聞杯】サトノダイヤモンド 超抜時計ラスト11・9秒「素直で乗りやすい馬」

東スポWeb 9/21(水) 21:16配信

【神戸新聞杯(日曜=25日、阪神芝外2400メートル=3着までに菊花賞優先出走権)注目馬21日最終追い切り:栗東】注目のダービー2着馬サトノダイヤモンドはウッド単走。先週、先々週とびっしり追って態勢はほぼ整っているため、この日はしまい重点の内容。それでもラスト1ハロン11・9秒(4ハロン53・4秒)と超抜の時計を刻んで、万全の船出をアピールした。前日通過した台風の影響で重くなった馬場を軽々と駆け抜けるさまは、春より一段とすごみを増していた。

 岩崎助手「以前よりしっかりリズムを取って運べていました。促してからもリラックスして、伸びやかに走れていましたね。重い馬場でもしっかり動けていたし、パワーもついてきたと思います。素直で乗りやすい馬なので、心配らしい心配はないですよ」

 先週セントライト記念を勝ったディーマジェスティ(ダービー=3着)に続いて、今週も春の実績馬が菊へ好発進を決めそうだ。

最終更新:9/21(水) 21:16

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。