ここから本文です

「国、無責任の極み」=もんじゅ閣僚会議批判―福井知事

時事通信 9月21日(水)14時36分配信

 福井県の西川一誠知事は21日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)に関し、政府が同日夕、原子力関係閣僚会議を開くことについて「地元に全く説明なく関係閣僚会議を開き、廃炉を含めて検討するような姿勢は、国として無責任の極みで、誠に遺憾だ」と批判した。

 同日の県議会本会議で答弁した。

 西川知事は、「国はもんじゅをエネルギー基本計画で、核燃料サイクルの中核施設として高速炉の研究開発を行うと位置付けている」と改めて指摘。国の対応は「国と地元の信頼関係を損なうものだ」と強調した。 

最終更新:9月21日(水)15時33分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。