ここから本文です

「ドラゴンクエストX」、大型アップデート「バージョン3.4」情報公開

Impress Watch 9月21日(水)15時0分配信

 スクウェア・エニックスは、Wii U/Wii/Windows用MMORPG「ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン」(以下、DQX)において、次回の大型アップデート「バージョン3.4」の内容の一部を公開した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回のアップデートでは、竜族の住む世界「ナドラガンド」にある「水の領界」を新たな舞台とし、物語の中心となるキャラクターで巫女の「フィナ」が登場。辺り一面が海に囲まれた孤島から冒険が始まる。

■「水」に囲まれた穏やかな世界「水の領界」

 「水の領界」には、孤島を取り囲みサンゴや海洋生物が数多く棲む美しい海「オーフィーヌの海」や竜族の都「ルシュカ」が存在する。「ルシュカ」は、はるか昔の時代から「水の領界」に存在しており、冒険の拠点となる美しい都だ。この都では、竜族達は冒険者に対して非常に友好的に接してくれる。

□オーフィーヌの海

 豊かな海に囲まれた「オーフィーヌの海」。ここには所々に遺跡が残されており、不思な力で守られた場所もあるようだ。

【スクリーンショット】
□竜族の都「ルシュカ」

 石造りの建造物に、丁寧に舗装された道や階段が特徴的な「ルシュカ」。七色に光るサンゴなど、どこか幻想的な雰囲気を感じさせる。

【スクリーンショット】

■「水の領界」の物語の中心となるキャラクターを公開!

 「神獣カシャル」と呼ばれる守り神に仕える巫女「フィナ」が登場。「神獣カシャル」とともに、この大陸に住む竜族達が繁栄を支えてきた存在で、物語のカギを握る。彼女と出会い冒険を進めていくことで、驚きの真実が明らかになるかもしれない。

【「神獣カシャル」に仕える巫女「フィナ」】
(C)2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO

GAME Watch,緑里孝行(クラフル)

最終更新:9月21日(水)15時0分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。