ここから本文です

斎藤工 TAKAHIROと登坂に挟まれ「すごくいい匂いです」

東スポWeb 9月21日(水)21時31分配信

「EXILE」TAKAHIRO(31)、「三代目 J Soul Brothers」登坂広臣(29)、俳優・斎藤工(35)が21日、都内で行われた映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」(10月8日公開)のレッドカーペットセレモニーと完成舞台あいさつに出席した。

「EXILE」のリーダー・HIRO(47)が企画プロデュースする「HiGH&LOW」プロジェクトの映画第2弾。第1弾にも登場し人気となったTAKAHIRO、登坂演じる雨宮兄弟に、新たに長男として斎藤が初登場する。

 次男のTAKAHIRO、三男の登坂に挟まれて登場した斎藤は「誰もが挟まれたいこの場所に長男の権限で立っています」と笑顔を見せると「ひとつだけお伝えします。すごくいい匂いです」とファンを笑わせた。

 続けて「視聴者として(雨宮兄弟には)長男がいるんだと見ていて、勝手に自分の中でキャスティングしたりしていた。私の名前を出してくださった方々に恩返しをしたい」と話すと、以前から斎藤と親交のある登坂は「メールで『いつか作品でご一緒できたら』などとやりとりをしていたので、まさかこんな早くに実現できるとは…運命的なものを感じました」と告白。これに斎藤は「こちらのセリフですよ」と恐縮した。

 舞台あいさつから登壇したHIROは、29日に台湾で上映されるなど今後は海外展開もすることについて「このプロジェクトが世界に通用するようなエンターテインメントに成長するように、これからも頑張りたいと思います」と意気込んだ。

最終更新:9月21日(水)21時31分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。