ここから本文です

安くても満足できる製品を――アンカーが家電分野に本格参入

ITmedia LifeStyle 9月21日(水)22時24分配信

 モバイルバッテリーなどスマートフォン周辺機器で知られるアンカー・ジャパンが、新たに家電ブランド「eufy」(ユーフィ)を立ち上げ、9月21日に第1弾製品群を発表した。ラインアップは、ロボット掃除機、LEDデスクライト、超音波加湿器の3ジャンル4製品。10月から順次発売する。

2つのUSB給電ポートを持つLEDデスクライト「Lumos E1」

 Anker(アンカー)は、2009年に米Google出身の若者達が創設し、ネット直販で成長してきたファブレスメーカーだ。現在は中国に本社と開発拠点を置き、世界40カ国以上に展開。累計1500万台以上のモバイルバッテリーを販売している。

 アンカー・ジャパンの井戸義経社長は、「直販モデルでコストを削減し、満足できる製品を低価格で提供してきた」と胸を張る。ただし、単に価格やスケールメリットだけで成長したわけではないとアピール。「サポート業務は意図的にアウトソースを行わず、訓練されたスタッフがあたる。さらに製品開発部門などに迅速に共有して製品を磨く。インターネットの時代、どうすればユーザーのニーズに応えられるか。アンカーは、それを逆算して作られた“インターネットネイティブ”なメーカーだ」(同氏)

 アンカー・ジャパンでは6月からテストマーケティング的にロボット掃除機やコードレス掃除機、エッセンシャルオイルディフューザーを販売してきたが、今回のeufyブランドの立ち上げで本格参入の意志を示した。「われわれは市場ニーズに耳を傾け、ユーザーの求める変化に従って製品ロードマップや事業構造を変えていく。新しい1歩として健康で快適な生活を後押しする製品を投入する」(同氏)

●長時間駆動のロボット掃除機「RoboVac 20」

 ロボット掃除機の「RoboVac 20」は、2つのサイドブラシを持つ円形のロボット掃除機だ。本体は高さ8cmと薄型で、掃除しにくいベッドやソファーの下にも入り込む。段差を検知して落下を防止するセンサー、ダストボックスが一杯になると知らせるセンサーなども備えた。

 同社マーケティング&セールスシニアマネージャーの猿渡歩氏によると、「(他社の上位モデルに搭載された)マッピングというほど高機能ではないが、掃除した場所は認識しながら動く」という。また、大容量リチウムイオンバッテリー(6700mAh)により、約3時間の連続使用が可能。「高価なロボット掃除機は短時間で掃除を終わらせるが、RoboVacは長時間駆動でカバーする。1回の充電で100m2の広い家でも掃除できる」としている。

 10月5日発売で、直販価格は2万9800円。リモコンや充電ステーションのほか、ロボット掃除機に入ってほしくない場所に置くと“見えない壁”を作る「ソニックウォール」も1台付属する。「初めて購入するロボット掃除機としてベストな商品だと思う」(同氏)

●スマホを充電できるLEDデスクライト「Lumos E1」

 「Lumos E1」は、スタンド部に2つのUSB給電ポートを備えたLEDデスクライト。独自のPowerIQ技術により、iOS端末、Android端末を問わずに急速充電が可能だ(各ポート最大2.4A、合計最大3A)。

 ライトは白色から電球色まで5段階の調色が可能。明るさも6段階で調節できる(調光)。このほか、回転式LEDパネルと2つのヒンジアームによる柔軟な角度調節、そして約5万時間という長寿命も特徴だ。

 価格は5980円で11月上旬に発売予定。またUSBポートを省いた3480円のベーシックモデル「Lumos A4」もラインアップする。Lumos A4は10月5日に発売する。

●オイルディフューザーにもなる加湿器

 「Humos Air」は、シンプルなデザインの超音波加湿器だ。ミスト量は3段階で選択できるほか、ノズルが360°可動するため、必要な場所を狙って加湿できるという。また水タンクが約4L(リットル)と大容量で最大26時間の連続使用が可能。水の残量が少なくなると警告が出るほか、自動停止機能も備えた。

 このほか、駆動音が約38dBと「寝室でも使用できるレベル」(同社)であること、オイルディフューザーとしても使えるといった特徴がある。価格は4980円で11月上旬に発売予定だ。

 なお、既に販売しているコードレスクリーナーは“eufy”ブランドに移行して継続販売するが、ほかのロボット掃除機などは在庫限りで販売を終了するという。

●スマートホーム分野にも

 井戸社長は、将来の製品計画についても触れた。「2017年には米Amazonのalexa(アレクサ)と連携する家電、またスマートフォンで操作できる家電をリリースする」。コネクテッド・ハードウェアにより、スマートホーム分野にも参入するアンカー。来年度は国内で7~8億円の売上を目指す。

最終更新:9月21日(水)22時24分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]