ここから本文です

【神戸新聞杯】笹田調教師が驚いたレッドエルディストの成長

東スポWeb 9/21(水) 21:45配信

【神戸新聞杯(日曜=25日、阪神芝外2400メートル=3着までに菊花賞優先出走権)栗東発トレセン秘話】血統、馬体、値段…馬が走るか走らないかを判断するポイントは多岐にわたる。もちろん攻め馬の動きも重要だ。中には追い切りだけ動いて実戦ではサッパリという馬もいるが、調教が目立つ馬は何らかの能力を秘めていることが多い。

 この夏の札幌で、格上挑戦ながらオープン特別の丹頂Sを制したヤマカツライデンもそんな一頭。デビューから勝ち上がるのに10戦を要し、500万下に入ってからはいいところなしの競馬が続いた。それでも池添兼調教師は稽古の動きの良さから、どこかに“活路”はあるはずと、この馬の将来を諦めることはなかった。「なかなかこの馬ほど動く馬もいないからね。どこかで走ると思って一時は障害練習もしたんだ。このところの活躍を見ると、芝の長いところが合っていたんだろうね」

 500万下で大差負けを続けていた馬をオープンまで育てた厩舎力は素晴らしいが、そこまで陣営を我慢させたのも、攻め駆けするという“裏付け”があったからこそ。それだけ稽古の動きというのは重要なのだ。

 さて、今週の神戸新聞杯。笹田厩舎の2頭(エアスピネル、レッドエルディスト)が1週前にウッドで併せ馬を行ったが、この時の両馬の動きに驚きを隠せなかったのが管理する笹田調教師だ。

「てっきりエアスピネルが先着するものと思っていたのに、レッドが先着したからね。ちょっとビックリした。エアに先着するということは、ひと夏を越して馬がそれだけ力をつけてきたということなんだろう」

 追い切りで遅れたことがほとんどない攻め駆けタイプのエアスピネルに先着、こんな動きの変化も非常に重要だ。これが馬の成長を端的に伝えるものであれば、週末の競馬でレッドエルディストは春以上のパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

最終更新:9/21(水) 21:45

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]