ここから本文です

英経済は第3四半期に鈍化、設備投資横ばいへ=中銀地方機関調査

ロイター 9月21日(水)18時52分配信

[ロンドン 21日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は四半期調査で、国内経済成長は欧州連合(EU)離脱の国民投票以降の3カ月で鈍化したが、企業の設備投資や雇用は今後1年は横ばいで推移するとの見通しを示した。

中銀の各地方機関による聞き取り調査では、消費支出は引き続き底堅いとし、「国民投票後に不透明感が高まり、年率での活動の伸びは総じて鈍化したが、依然プラスにとどまっている」と指摘。

その上で「企業の投資や採用意欲は低下し、今後6-12カ月の設備投資や雇用が横ばいとなる水準に概して一致している」との見方を示した。

最終更新:9月21日(水)18時52分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]