ここから本文です

エグスプロージョンがマガジンで「DAYS」愛語る、「聲の形」声優インタビューも

コミックナタリー 9月21日(水)18時49分配信

ダンスユニットのエグスプロージョンが安田剛士「DAYS」について語った特集記事が、本日9月21日発売の週刊少年マガジン43号(講談社)に掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「DAYS」の大ファンだというエグスプロージョンは、印象に残っているシーンや好きなキャラクターなどを熱弁。また今号では「DAYS」の生原画が50名に当たるプレゼント企画も実施されている。希望者は今号に付属した応募券をハガキに貼り、必要事項を記入して申し込もう。締め切りは10月18日。

このほか43号には、大今良時原作による劇場アニメ「映画『聲の形』」の公開を記念したインタビューも。石田将也役の入野自由、西宮硝子役の早見沙織、西宮結絃役の悠木碧の3人が、それぞれ作品への思いを披露している。

最終更新:9月21日(水)18時49分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。