ここから本文です

【卓球】愛「結婚しても卓球しているっていう新しい道を切り開ければ」一問一答(1)

スポーツ報知 9月21日(水)12時24分配信

 卓球のリオデジャネイロ五輪台湾代表の江宏傑(こう・こうけつ、27)と今月1日に結婚した同五輪卓球女子団体銅メダルの福原愛(27)=ANA=が21日、都内でツーショット会見した。

【写真】リオ五輪開会式で一緒に歩く福原愛と江宏傑

 ◆幸せいっぱい・愛と江に聞く(その1)

 ―結婚の理由、お互いどこに魅力を?

 江「愛ちゃんと一緒にいる時、いつも温かく支えてくれて、いつも大きな気持ちで包んでくれている」

 愛「どんなささいなことでも相談に乗ってくれますし、どんな私でも変わらず応援してくれるところです」

 ―リオ五輪を乗り切るにあたり、お互いはどんな支えに?

 江「五輪は大変でした。でも、私たちは同じ目標のもと、どんな結果になってもベストを尽くしました」

 愛「五輪が開催される前の合宿もキツかったんですけど、お互い励まし合いながら、五輪でメダルを取ろうと話し合いながら五輪を迎え、五輪の期間中も苦しい毎日が続いたんですけど、彼は団体戦からだったので、毎日、励ましてくれました。2人で一緒に頑張ろうという気持ちでした」

 ―4年後の東京五輪は?

 愛「リオ五輪が終わって昨日で帰国して1か月になったんですけど、彼とたくさん話して、彼は私がどんな生活になっても必ず応援してくれると声をかけてくれていたので。女性アスリートとして結婚して、プレーを続ける方はなかなかいなくて。私の中でどこかで女性アスリートというのは、どこか夢をあきらめるではないんですけど、家庭に入ることでそうした活動が狭まるのではと思っていた部分があったんですが、彼の言葉や行動などを近くで感じて。そうした環境や支えてくれる人がそばにいるのであれば、続けて、夢をあきらめないで、そのまま頑張っていくことが可能ではないかと思えるようになりました。ですのでこれから先、私が頑張っていくことによって、次の後輩たちが福原さん、結婚しても卓球しているっていう新しい道を後輩のためにも切り開くことができたらいいなと思っていまして。どうなるかわからないんですけど、良くも悪くも後輩たちの今後の次の道に進む時の参考になるような選手になれたらと思っています」

 ―今後も日の丸背負って、世界の舞台へ?

 愛「はい、一選手として、日本代表として試合に出れるというのは本当に光栄ですし、皆さんの支えのある中で頑張っていけたらと思っています」

 ―拠点は?

 愛「私は24年間、卓球を続けてきて、その世界での基盤はできていると思う。結婚して、新しい家庭、夫婦のあり方とか、いろいろなことがあるけど、そうした軸がまだ私たちの間ではできていないので、まずは、その軸、地盤をしっかり固めてから、また卓球という舞台に戻りたいなと思ってういるので、2人で。彼は今年からチェコの方でヨーロッパリーグに参戦しているので、2人で相談しながらいろいろなことを決めていきたいと思います。彼の家族、私の家族と相談しながら、いろいろなことを決めていきたいなと思ってますし、相談できる環境があることを幸せと思ってます」

最終更新:9月21日(水)13時22分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。