ここから本文です

小林麻央、3人目の子供への思いも「高望みだと一気にかき消した」

スポニチアネックス 9月21日(水)9時29分配信

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)の妻で、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央(34)が21日、自身のブログを更新し、3人目の子供への妊娠、出産について言及。乳がん治療と並行しながらのタイミングについて、担当医から受けた説明に「高望みだと一気にかき消した」と3人目への思いをシャットアウトした苦悩をつづった。

【写真】金髪ウイッグ姿を披露した小林麻央

 今後の妊娠と出産についての担当医から受けた説明について振り返った麻央。抗がん剤治療では排卵機能が停止するため、希望があれば「卵子を凍結しておくこともできる」が、その時に排卵誘発剤を使うため乳がんを促進してしまう可能性があること。また、治療法の一つである「ホルモン療法」は5年間に及ぶため、妊娠・出産を望むなら「抗がん剤治療→手術→放射線治療の後、ホルモン療法の前に、タイミングを考えることができるかもしれない」との説明を受けたことを明らかにした。

 その際「『子供は2人いますので、3人目は考えていません』と何の強がりなのか言ってしまった」と振り返ったが、実は「(長女の)麗禾に妹ができたらな、とか(長男の)勸玄にも分かり合える弟ができたらな、と思ってきた」という。続けて「高望みだと一気にかき消した」。新たな命に対する自身の思いを打ち消した苦しい胸の内を記した。

最終更新:9月21日(水)14時45分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。