ここから本文です

オリックス 代打・駿太が決勝2点タイムリー

デイリースポーツ 9/21(水) 21:09配信

 「オリックス5-2西武」(21日、京セラドーム大阪)

 オリックスが1分けを挟む連敗を3で止めた。2-2の八回2死満塁から代打・駿太の右前適時打で2点を勝ち越し。さらに相手のエラーでこの回3点を奪った。

 駿太は「緊張した。何も考えずに打席に立ったのが良かった。最高です。残りシーズンも全力で頑張りたい」などと語った。

 初回は1死二塁から吉田正の右線適時二塁打で1点を先制。三回はT-岡田の左犠飛で2点目。先発・松葉は7回8安打無失点。吉田一が5勝目(2敗1S)。

 西武は連勝が2で止まった。0-2の四回2死二塁から山川の左前適時打で1点。七回は代打・上本の中前適時打で同点。先発・岸は7回7安打2失点。2番手・牧田が1敗目(7勝)。

最終更新:9/21(水) 22:04

デイリースポーツ