ここから本文です

オリックス 代打・駿太が決勝2点タイムリー

デイリースポーツ 9月21日(水)21時9分配信

 「オリックス5-2西武」(21日、京セラドーム大阪)

 オリックスが1分けを挟む連敗を3で止めた。2-2の八回2死満塁から代打・駿太の右前適時打で2点を勝ち越し。さらに相手のエラーでこの回3点を奪った。

 駿太は「緊張した。何も考えずに打席に立ったのが良かった。最高です。残りシーズンも全力で頑張りたい」などと語った。

 初回は1死二塁から吉田正の右線適時二塁打で1点を先制。三回はT-岡田の左犠飛で2点目。先発・松葉は7回8安打無失点。吉田一が5勝目(2敗1S)。

 西武は連勝が2で止まった。0-2の四回2死二塁から山川の左前適時打で1点。七回は代打・上本の中前適時打で同点。先発・岸は7回7安打2失点。2番手・牧田が1敗目(7勝)。

最終更新:9月21日(水)22時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]