ここから本文です

<体操>内村が故郷・諫早で凱旋パレード…五輪2冠祝う

毎日新聞 9月21日(水)19時52分配信

 リオデジャネイロ五輪体操で個人総合2連覇と団体総合金メダルに輝いた内村航平選手(27)=コナミスポーツ=が21日、出身地の長崎県諫早市に戻り、オープンカーで市中心部のアーケードを凱旋(がいせん)パレードした。紙吹雪が舞う中、市民やファンら約1万5000人(主催者発表)が祝福した。

【写真特集】高校生のリクエストに応じて宙返りを披露する内村航平

 内村選手は2個の金メダルを掲げて笑顔で手を振った。沿道は、内村選手の似顔絵を描いた小旗を振ったり、「航平くん!」と大声を上げたりする人たちで埋め尽くされた。県立諫早商高3年の浦部まなみさん(18)は「内村選手は諫早の誇り。東京五輪でも活躍してほしい」と興奮気味に話した。

 パレードに先立ち、市内で開かれた特別市民栄誉大賞の授与式に臨んだ内村選手は「諫早の人たちに東京での姿を見てほしい」と語り、東京五輪への意欲を示した。【中尾祐児、今野悠貴】

最終更新:9月21日(水)20時0分

毎日新聞