ここから本文です

木村「このまま終わらない」=競泳代表が帰国〔パラリンピック〕

時事通信 9月21日(水)16時42分配信

 リオデジャネイロ・パラリンピックに出場した競泳日本代表が21日帰国し、メダリスト4人が成田空港で記者会見した。
 視覚障害クラスで銀2、銅2のメダル4個を獲得した木村敬一(東京ガス)は「金メダルが欲しかった。本当に悔しい」と振り返り、「いかに本番でベストに持っていくかが課題。このままでは終わらない」。4年後の東京大会に向けて力強く話した。
 4度目の五輪で初めてメダルを獲得した山田拓朗(NTTドコモ)は「失敗を繰り返しながら、少しずつ順位を上げてきた。東京では金を目指す」と笑顔。17歳で銅メダリストとなった中島啓智(千葉・中山学園高)は「世界記録を出したい」、津川拓也(ANAウイングフェローズ・ヴイ王子)は「頑張ります」と4年後への飛躍を誓った。 

最終更新:9月21日(水)16時44分

時事通信