ここから本文です

<国語世論調査>慣用句の理解度 「確信犯」わずか17%

毎日新聞 9月21日(水)19時55分配信

 文化庁が21日発表した2015年度「国語に関する世論調査」では、慣用句の理解度についても調べた。「確信犯」という言葉は本来、「政治や宗教などの信念に基づいて正しいと信じてなされる行為や犯罪、またはその行為をする人」という意味だが、正しく理解している人は17.0%。「悪いことであると分かっていながらなされる行為、または行為をする人」と誤解している人は69.4%にのぼった。文化庁によると「故意犯」の意味で使われ始め、誤った解釈が広まったとみられる。

 「眠りから覚めたときの気分が悪いこと」について、本来の言い方の「寝覚めが悪い」を使う人は37.1%で、正しい使い方ではない「目覚めが悪い」は57.9%に上った。

 「混乱したさま」を、「上を下への大騒ぎ」と正しい使い方をする人は22.5%にとどまり、「上や下への大騒ぎ」を使う人が60.8%に達した。【佐々木洋】

最終更新:9月23日(金)15時1分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。