ここから本文です

長短金利操作付きQQE、政府として歓迎したい=安倍首相

ロイター 9月21日(水)23時38分配信

[ニューヨーク/東京 21日 ロイター] - 安倍晋三首相は21日、米ニューヨークで講演後に質問に答え、日銀が同日発表した「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」に関し、「2%の物価安定目標を早期に実現する上においても、政府として歓迎したい」と語った。そのうえで、政府・日銀の緊密な連携の下、アベノミクスを加速させる考えを示した。

ロイター本社で開いたイベント「ニュースメーカー」のなかで述べた。安倍首相は、日銀の政策決定について「けさ、日銀の黒田総裁からの電話で説明があった」と明かした。

同日、誕生日を迎えた安倍首相は「(黒田総裁は)私にお祝いを言うのを忘れたようだが、基本的にはコミュニケーションは良くできている」と聴衆の笑いを誘う一方、黒田総裁を「信頼している」とあらためて述べた。

一方、政府が掲げる「未来投資」に関しては、「日本も世界も第4次産業革命に直面している」とし、「ここでしっかりと世界の先頭グループに立たなければ相当の期間、競争力を持ち続けることができなくなる」と指摘。

人口知能(AI)やビッグデータなど、新たな分野に民間の投資が回るよう政府として環境整備に取り組む意欲を示した。

米大統領選を控える中、安倍首相は「日米同盟の重要性は変わらない。新しい大統領と確認し合いながら力を合わせていきたい」とも語った。

*写真を更新しました。

(梅川崇 編集:田巻一彦)

最終更新:9月22日(木)5時37分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]