ここから本文です

オリックス・中島 死球に激高は演技だった!?「役者やったでしょ」

デイリースポーツ 9/21(水) 22:26配信

 「オリックス5-2西武」(21日、京セラドーム大阪)

 オリックス・中島の名演技が勝利へ導いた。

 同点の八回。この回から登板の牧田は1死からT-岡田に死球。続く中島は2球内角のボールのあと、3球目は脇腹に直撃する死球。これに「続けてやろ!」と吠えた。牧田がマウンドを降りるのを見るとバットを投げた。これを合図に両軍ベンチから選手が一斉に飛び出し、一触即発のムード。両チームに警告試合が宣告された。

 その後、牧田は動揺したのか、西野が安打で続き、2死後、代打・駿太に決勝打が飛び出した。

 試合後の中島はニッコリ。

 「役者やったでしょ。全然イラッとしてないですよ。痛くないし。T-岡田にも内角攻めで当てられてたし、僕も内ばっかり来てたから投げにくくしてやろうと思って。全然怒ってないですよ。牧田も知ってるしね。チームにも刺激にしたろと思って。勝てて良かった」

 牧田に内角攻めの配球をやめさせ、チームにも闘争心を与える計算があったという。

 計算外だったのは西武・田辺監督の顔。「一塁でも笑いをこらえるのに必死やった。二塁に行ったときに田辺さんが“また、やりやがって”って言ってるのが見えて笑ってしもた」と振り返っていた。

最終更新:9/21(水) 23:41

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。