ここから本文です

カレンミロティック上々の時計で順調/オールカマー

日刊スポーツ 9月21日(水)16時4分配信

<オールカマー:追い切り>

 カレンミロティック(せん8、平田)は坂路で単走。4ハロン53秒0-12秒7と上々のタイムをマークした。

 平田師は「馬場も悪かったし、あんなものだろう。帰厩してからも順調だし、いつも通りの過程」。この後はオーストラリア・フレミントン競馬場のメルボルンC(G1、芝3200メートル、11月1日)に出走予定。師は「順調だし、大きいところを1つ取ってほしいね」と話した。

最終更新:9月21日(水)21時20分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]