ここから本文です

【六大学準硬式】慶大、集中打で立大突き放し2つ目の勝ち点

スポーツ報知 9月21日(水)14時55分配信

◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 慶大7―4立大(21日・早大東伏見)

 慶大が集中打で立大を突き放し、2つ目の勝ち点を挙げた。同点の5回、市野澤文太(1年=慶応)の2打席連続となる適時打など4安打を集めて5点を奪い、勝ち越し。立大はその裏3点を返したが、6回から登板した高木健太郎(4年=刈谷)に無失点に抑えられた。

 慶大・市野澤文太「初球から絶対に打とうという気持ちで打席に入りました。打ててよかったです」

 立大・榛葉忠義(4年=静岡)「負けるべくして負けたかなと感じました。打たれて点を取られるのは力負けなので仕方ありませんが、継投してくる相手投手をとらえきれなかった点が今日の課題だと思います。これから修正して今後の試合に臨みたい」

最終更新:9月21日(水)14時55分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報