ここから本文です

新型「ビートル」でてこ入れ=排ガス不正から1年―VW

時事通信 9月21日(水)17時0分配信

 独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人フォルクスワーゲングループジャパン(愛知県豊橋市)は21日、主力車種「ザ・ビートル」を一部改良し、発売した。排ガス不正問題の発覚から丸1年が経過したが、日本での販売は低迷。新型投入で販売をてこ入れし、輸入車部門でトップを独走するライバルの独メルセデス・ベンツから首位を奪還したい考えだ。

 新型のボディーカラーは、これまでより2色多い8色を用意。ドライバーの疲労を検知し、警告するシステムも標準搭載した。3モデルあり、価格は234万9000~345万9000円。 

最終更新:9月21日(水)18時28分

時事通信