ここから本文です

若狭氏、衆院東京10区補選の自民党公認候補に内定

日刊スポーツ 9月21日(水)16時23分配信

 自民党の古屋圭司選対委員長は21日、党本部で会見し、小池百合子都知事の都政転出に伴う衆院東京10区補選(10月11日告示、23日投開票)の党公認候補に、若狭勝衆院議員(59=東京比例)を内定したと発表した。近く正式決定した上で、若狭氏が会見する。

 候補者をめぐっては公募を行い、45人が応募。古屋氏は、最終的に残った7人から、面接や書類審査、情勢調査を踏まえて「総合的に判断して、若狭氏に決定した」と述べた。

 若狭氏は、都知事選で党東京都連が擁立した増田寛也氏ではなく、小池氏を支援。都連との間に今も亀裂が残るが、古屋氏は「知事選の厳しい選挙を戦った。都議会、都連の関係者には最大限の配慮をしつつ、政治は前を向いていかなければならない」と、理解を求めた。「これから、しっかり都連とも連携しながら、愛党精神を持って必勝を期していく」と強調し、必勝態勢で臨む意向を示した。

 公募の選考委員には、自民党都議会関係者も含まれているが、若狭氏の公認内定は、「出席者から了解をもらった」上で決めたという。

 今も小池氏と対立する党東京都連とは対照的に、早々と小池氏との関係修復に動いてきた党本部は、二階俊博幹事長が若狭氏への処分について、口頭での厳重注意処分にとどめた。今回の公認も、当初から若狭氏を軸に進められてきた。

 選挙戦に入った場合の安倍晋三首相(党総裁)の応援について、古屋氏は明言を避けた上で、「公認候補には、これまで幹部が応援に入っている」と述べ、否定はしなかった。

 同補選では、民進党が元NHK記者の鈴木庸介氏(40)、共産党が岸良信氏(61)を擁立予定だが、今後、野党共闘による野党の候補者一本化の可能性もある。

最終更新:9月21日(水)16時23分

日刊スポーツ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。