ここから本文です

岩隈6失点12敗目「4回にリズムを崩した」

日刊スポーツ 9月21日(水)16時23分配信

<マリナーズ2-10ブルージェイズ>◇20日(日本時間21日)◇セーフコフィールド

 マリナーズ岩隈久志投手(35)が、4回途中まで8安打、今季自己ワーストの6失点(自責5)と崩れ、今季12敗目(16勝)を喫した。

 3回までは無失点と、滑り出しは快調だった。

 ところが、2点を先制した直後の4回表1死から急転。不運な当たりがことごとく安打になり、2本の2ランを含む6連打で逆転され、交代した。

 球数は72球。

 防御率は4・04。

 試合後は「序盤は良かった。ただ、あの4回にリズムを崩してしまった。簡単にアウトを取りにいってしまい、流れを相手にやってしまった」と、悔しそうに振り返った。

 なお、スタメンから外れた青木宣親外野手(34)は、出場しなかった。

 連敗したマリナーズは、ワイルドカード争いで5位に転落した。

最終更新:9月21日(水)16時26分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]