ここから本文です

菜七子騎手、3女性騎手そろい踏みの名古屋8R差して3着

スポーツ報知 9月21日(水)15時33分配信

 藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本厩舎=は21日、地方の名古屋競馬に初参戦。地方競馬参戦は川崎、高知、浦和、金沢、船橋、盛岡、園田、大井、佐賀に続いて10場目となる。騎乗は3、6、8、9、10、11、12Rの計7鞍を予定。8、10、11Rでは、地元所属の宮下瞳(39)、木之前葵(23)の両女性騎手との初対決も組まれており、注目が集まる。

 3R(ノーザンエンブレム)は5着、6R(ローレンマックス)では逃げ切って1着として、迎えたこの日3鞍目の8Rは、女性騎手3人のそろい踏みが実現。菜七子騎手の3番人気グッドバディーは中団追走から、直線で外から脚を伸ばして3着。積極的に逃げた宮下騎手の5番人気マッシヴビクトリーが2着に粘って“先着”した。なお、木之前騎手騎乗の2番人気メイショウラファーは伸び切れず8着に終わった。

最終更新:9月21日(水)17時9分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。